官足法を、究め、楽しむ

官足法とは

  • HOME »
  • 官足法とは

官 有謀(かん ゆうぼう)先生 (1927.4.26~2004.11.19)

台湾から日本に足もみ健康法を伝えに来られた、官 有謀先生。
先生が提唱されたもみ健康だから官足法です。
1986年に(株)文化創作出版から、「足の汚れが万病の原因だった」が出版され、日本全国で講習会が開かれ、足もみ健康法普及の礎を築かれました。
いまや無数の足もみ流派ができましたが、官足法究楽部は日本足もみ界の父、官有謀先生の足もみ魂(官足魂)を継承し、人類のためを想う官足愛を実践する生き方を提唱して参ります。

官足法の根本原理「薬漬けからの目覚め」

病院通い、薬づけ、だった官先生ご自身が、一生薬づけではいけないと目覚め
勇気を出して薬を断り、研究し、健康を取り戻されました。
「だから信じてやってください!」
「平常から自分の健康を注意して自分で守るような方法を持っていれば心配ない。」
という官先生の想いこそ、官足法の根本原理と言えます。

 

官足法の根本原理「自分でできる血液循環療法」

  • 環境破壊 → 難病 → 東洋医学人気 → 金儲けをする民間療法
  • 難しいツボ療法ではなく、自分で健康になれる簡単な方法が必要である
  • 血液の循環こそ大切

という官先生の結論こそ、官足法の根本原理と言えます。

官足法の根本原理「治療より予防・揉めばいいんだ!」

  • 自分の健康は自分で守る
  • 無茶苦茶でも揉めばいいんだ
  • 足に棒を突っ込み、強烈に痛いところが弱っているところ
  • その痛みがなくなるまで揉みほぐす
  • どうして自分でできないの?

という官先生の言葉こそ、官足法の根本原理と言えます。

お問い合わせ TEL 03-6825-4005 平日 9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 官足道創出社 All Rights Reserved.