官足法を究(きわ)め、楽しむ、官足法究楽部

2023年名古屋集中感想文

  • HOME »
  • 2023年名古屋集中感想文

■「すきまなく 深く 力まず 手際よく」このことが大好きです。
 まさにこの通りだと思いました。反射区や理論を頭で覚えようとしたり、こうあるべきを追及するのではないと実感しました。
 官先生が とにかくもみなさい、もめばいいんだ とおっしゃっていたことが、腑に落ちました。
 基本の知識は大切ですが、学べば学ぶほど、反射区同士の相対性や補瀉の関係、そして個人々の生活環境や生活習慣からくる症状の要因の多様性も絡むことが解り、結果 とにかくすみずみまでもむ、つぶしていくことが最短の道だと解りました。
 足のマットの素晴らしさも体感して、すきまなく深く力まず手際よくを日常的に助けてくれる優れたツールの一つです。
 眠気が増したり、トイレの回数が多くなったりと色々な反応が出た三日間でした。驚くように坐骨神経痛と腰痛がありません。
 本で読んでいたことを楽しくそして、本の行間の官先生の想いが伝わってきたセミナーでした。ありがとうございました。(50代女性)

■三日間ありがとうございました。若石を学び、早14年。初心に戻り自分の体の事、家族の健康の事、改めて考える良い時間となりました。
 日々の甘えが分かるセルフケアの練習は、身体の使い方、道具の使い方が、しっかり学べるもので、とても勉強になりました。深く入れて、かき出す。皮膚を傷めない施術は目からうろこ。
 棒の足揉みは痛いという思いはまだ少しありますが、終わった後のスッキリ感は半端なかったです。
 官先生のとにかく足を自分でもむんだということは伝えていくべきだなと実感しています。
 久しぶりの学びで二日目の帰宅後はかなりの疲労感でしたが、起きてみるとスッキリしている自分にビックリ。好転反応だったのだと思います。
 これからも足揉み人として、恥じないように努めていこう!と改めて思いました。
 ここへ来ることをすすめて下さった平松先生、認定講師のみなさま、そして仲田先生、本当にありがとうございました。
 しっかりセルフケアをして、次に会うときは、いろんな意味でひと皮むけた人間になりたいと思います。(40代女性)

■今まで主人の足揉みを毎晩やってきて、体勢が分からず、やりにくいと感じていました。
足ばかりを見て、相手の顔を見ていませんでした。
 今回のセミナーで、相手を動かさず、自分が動いて、よい体勢をとることで、力をそんなに入れることなく、自分もリラックス、相手もリラックスでぐいぐい入るやり方を教えていただきました。
 セミナー期間中、食事はとても美味しく、睡眠もよくとることができました。
 足揉みは股関節から足の先まで揉んで、副作用なし!というのが素晴らしいと思います。
 セルフ揉みは、どうしても痛くない程度にしかしないので、心を鬼にして?ぐりぐりジャリジャリして、視力回復を目指します。
 三日間、12名の方々と共に学ぶことができ、とても感謝です。
楽しく真剣に学べました。ありがとうございました。(50代女性)

■私は一年以上前程から、官足法にしっかり(できない時もありましたが、)取り組んできたのですが、毎月の名古屋セミナーに助けて頂きながら、少しずつ足の変化を触って分かるようになってきました。
 今回このセミナーに参加させて頂いて、今朝思い出したことがありました。それはやり始めた頃の寒い冬の朝、全く変化の見られない(見られてもすぐ戻ってしまう)足にもやもやしたり、痛いし、寒いし、眠いしで、心が折れそうになった事。
 …直感では官足法はいいぞ!!と思いながらも、その心を持ち続けるのはなかなか難しい。
 そんな時、励ましあえる仲間がいたら、「こんなふうにしたら良かったよ~、効果あったよ~」と情報を交換し合える仲間がいたら、どんなに心強いだろうか!!と切実に思っていました。なので、今回は16期の方々に出会えた事、話せた事はとても”ありがたい”事でした!
 病気は気からといいます。今後くじけそうな時、今回の三日間の事を思い出し、心の支えにして、”どんどん健康 赤ちゃんのようなふわふわ汚れのない足”になっていきたいと思います!!三日間本当にありがとうございました。(30代女性)

■足裏の反射区や足全体を揉むことによって、体の臓器や体の各所の活性化をはかり、汚れた沈殿物を排泄(尿として出す)。血液をきれいにし、きれいな血液の循環で健康な体とすることが大切なのだと実感しました。
 特にかかとと腰椎の反射区を揉んで頂いたときは、激痛の後、揉んで頂いた側の腰が軽くなり、即効性があることを実感した。自分が行う時の体勢がとても大事で、いかにリラックスした状態で(姿勢)で行うことが、自分が疲れず続けられるかが秘訣と感じた。
 そして対面で行う方もリラックスしていただける事も実感した。自分の足をもみ、体調を整え、元気な体になることで、身近な人達に正しく伝えていける、揉んであげられる自信を持っていきたいと思いました。(60代女性)

■今回全く官足法について知識がない状態でセミナーに参加しましたが、とても濃厚な三日間でした。基本的な理論以外は、とにかく足を揉みほぐす、疲れないように力まずすきまなく汚れを落とすことを意識すれば難しいことを考えなくても誰にでもできることを学びました。私自身1日外出すると夕方に疲れて、肩こりや頭痛が起こることが多いですが、慣れない空間ながらもそれが無かったのは、足をもむことで身体が温まったからだと感じています。広く奥が深い官足法について、これをきっかけにより学びを深め、練習していけたら今度の人生がもっと充実しそうとわくわくしています。(30代女性)

■セミナーを受ける前は、左足左腰が重くしびれる感じがありましたが、2日目くらいから、痺れが無くなっていました。
 三日目の朝、顔を洗った後、目やにがいつも出るのに、目やにがでず、すっきりした感じでした。
 3日間、遠方から来たので、ホテルに泊まりましたが、いつもだと必ず便秘になるのが、朝から快便で、毎食たくさん食べても胃に負担もありませんでした。
 先生方お色々と教えて頂きましてありがとうございました。
 セミナーに出たのは初めてで、まだまだ実践が必要と思います。
 まずは自分の足で体感しつつ、家族や身近な人にも伝えていき、広めていきたいと思います。
3日間楽しい日々を過ごせました。ありがとうございました。(50代女性)

■普段から時々、ウォークマットを踏んだり、ぐりぐり棒で足をもんだりはしていましたが、力の入れ方が弱かったようで、3日間の集中セミナーで、しっかりと深く圧がかかる揉み方を指導していただき、「足をもむ」とはこういうことかと、体で理解することができました。
 しっかり揉むことができていると(痛みも相当なものですが、)その後の爽快感も素晴らしく、短い睡眠時間でも翌日スッキリと目を覚ますことができるという体験をしました。
 また腰痛やひざ痛で悩んでいる方が、先生に反射区をもんでいただくことで、目の前で痛みが改善されていくのを目の当たりにし、その即効性にも驚きました。
 私も毎日根気よく足をもみほぐし、老廃物を取り除くことで、正常な血液の循環を取り戻し、健康体を目指したいと思いました。(50代女性)

■何事においても頭で理解するのも、記憶力を含め難しい年齢となってきました。
 しかし体で感じ、体で覚えてゆくことのほうが、もっと重要で、そしてそれには終わりがない!ということを実感させられました。
 今の時代、情報があふれ、自分の体の弱い部分について、ひとつの情報を得ると、その方法に少しの間執着し、またそれに納得いかなくなると次の情報を探し求める。
 官足法においては基本の教え、”血液の循環、反射区の刺激、リンパのマッサージ イコール治癒能力”に徹し、それぞれのケースによって揉み方を指導してくださる。
 それがいかにシンプルなようで奥が深いか、そして止まることのない、進路、進歩であると思います。
 この三日間で先生方、認定講師の方々の沢山のアドバイスをいただき、私の頭は少々パンク気味です。
 この先は自分の体と向き合い、足をもってただひたすら揉むのみです。
 いつか深く力まずすきまなく手際よく揉める日々が来ることを信じてがんばります。
 ありがとうございました。
 私の身体がどんどん(軽く)健康になってきていることを感じた3日間でした!!(50代女性)

■セミナーを受け、足底がふかふかした感じが帰りの靴の中で起こり、連日眠気が出て、夜バタンキューで、起きたら朝でした。
 なかなか寝つきが悪く、一度眠れないと2時間くらいで布団の中でばたばたしていたので、久しぶりに”あー良く寝た”という感覚が持てました。
 受ける前は”足の痛さに耐えられるだろうか?”に迷いがあり申し込むのをためらっていましたが、今は受けて良かったと思っています。
 真剣ながら笑いありの講義は楽しく身についたように思います。
 他の人の足もやってみたい気持ちはあるのですが、まずは自分をしっかりもんで健康ですっきりとした足になりたいと思います。
 全てを受け入れる。この言葉が耳について離れません。
 今の私の体を作ったのも他人ではなく、自分。それを変えられるのも自分だと、改めて思いました。
 ペアで施術したときに、ポイントにあたり、ぐっとかき出すのを的確にやると痛いけれど気持ちよい。
 逆に当てただけだと、”あれ”気持ちいいけどすっきりしない…と感じました。
 体位一つにとっても、先生がやると”なる程”と思うのですが、いざ自分がやるとなかなかできないので、何回もやってみながら答えをみつける。
 いかに相手も自分も力まずにを目標にやれると良いと思いました。
 3日間ありがとうございました。(50代女性)

■手の力で押していたが、呼吸法や姿勢を学び、入っているというのが、分かりました。
 基本をまず覚え、それから自分にあった応用していけるように(棒の持ち方や手でやってもいい、赤棒を使ったり)と思いました。
 楽しんでやる事、リラックスしてやる事の大切さを感じました。
 先生の話(聞いた話)インプットした事をアウトプットする事の大事さを感じました。
 足を揉むことで、体全体があたたかく、うっすら汗が出るくらいで、よく眠れました。深いねむり。(40代女性)

■2日目からの参加でした。 普段は自分の足をもむこともほぼやってない状態です。
セルフケアではどこでやっても痛すぎて悶絶…。
 そして棒を使ってやることに慣れていないこともあり、なかなかうまくできなかったです。
 セルフケアのやり方を人に伝える事の難しさも学びました。
 どう伝えたら相手にわかりやすいのか、言葉も出てこないし、対面施術では、私にとって体の使い方(圧の入れ方)がとても難しく、今後の大きな課題です。
 自分の体を痛めないよう、いかに体に力を入れず楽な姿勢で圧を入れられるか…。
 これから自分で勉強していこうと思います。
 ウォークマットも持っていながら全く使っていなかったので、365歩のマーチの時間がとても長く感じました。(笑)
 いかに自分の体が悪いか思い知りました(笑)
 この2日は、人に足をやってもらったり、自分でさわったりしたので、帰りは足がポカポカで夜もぐっすり眠れました。
 普段人の足の施術ばかりですが、自分の足もしっかりセルフケアせねば!!と思いました。
 楽しい二日間でした。ありがとうございました。(40代女性)

 

 

 

 

お問い合わせ TEL 03-6825-4005 平日 9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 官足道創出社 All Rights Reserved.